おひなまき まるまるねんね

健やかな背骨の成長には、背中を丸く保つ“まるまる姿勢”が大切!
今回は、“まるまるねんね”の必須アイテム「おひなまき」の使い方・洗い方を紹介します♪

使う前の準備

用意するもの

おひなまきはのり付けされているので、必ず洗濯してからご使用ください。

使い方

おひなまきの使い1
1.おひなまきにマイピーロネオを巻き込みます。

おひなまきの使い2
2.巻き込んだマイピーロネオが首の後ろに当たるように赤ちゃんを寝かせます。
ネオモック天使の寝床などに寝かせると巻きやすくなります。

おひなまきの使い3
3.おひなまきの上の角を結び、ひじは入れたまま、手だけを出しておきます。

おひなまきの使い方4
4.おひなまきの下の角を結び、ひじは入れたまま、手だけを出しておきます。(片方の角だけを通す)

おひなまきの使い方5
5.赤ちゃんの足にフィットさせるように引き上げます。このとき、足の形は赤ちゃんの自由にしておきます。

おひなまきの使い方6
6.AとBをかるくひと結びします。※Bは⑤の結び目の下を通しません。

おひなまきの使い方7
7.背中やお尻をさすったり、ひじや膝を優しくゆすったりして体をほぐしてあげましょう。(足の形は丸の写真のように)

おひなまきの使い方8
8.ほぐれてくると丸まった姿勢になるので、おひなまきにゆるみができます。ゆるみを取るようにもう一度結び直します。

おひなまきの使い方9
9.最後にもうひと結びして完成です。

☆point☆
おひなまきにゆるみがあると赤ちゃんの不快感につながります。思っているよりもしっかりと、シワができないように結ぶことがポイントです。(赤ちゃんの服にシワができていないかも確認しましょう)

ポジショニング(姿勢調整)

あお向けばかりだと、向きぐせができたり“絶壁頭”になってしまいます。授乳ごとに右向き → あお向け → 左向き → 右向き → ・・・と体位を変えて丸い頭を目指しましょう。

お手入れ方法

洗い方

洗濯機で洗えます。インナー用の目の細かい洗濯ネットに入れて洗濯してください。天日干しで十分に乾かしましょう。
※漂白剤の使用・乾燥機や暖房機を使った乾燥はしないでください。

干し方

おひなまきの干し方
折り畳んでしっかりと引っ張って形を整えましょう。
おひなまきは、メッシュ仕立ての特性上、洗濯で一方方向に縮みやすくなっています。折り畳んでしっかりと引っ張って形を整えてから干してください。